YOLO5による飛翔害虫検出

農業作物は気象、病害虫、施肥、管理に依存して、収獲量が変化する。その中でも病害虫の発生は季節や大気温度に大きく影響を受け、また、地域により特異性があります。病原菌を保有する害虫は、植物の間を飛翔して、病原菌を媒介し、農作物に多大な被害を与えております。
従来は、専門家の目視や過去のデータを基に、害虫の駆除が行われて来ておりますが、過剰な農薬散布による環境破壊、農業従事者の労働負担、農作物への残留農薬による健康被害などが生じております。
我々は、農地に発生する害虫をリアルタイムで検出し、消毒作業を自動で行う技術を開発しております。

Sticky trap で捕獲した害虫

「YOLO5による飛翔害虫検出」への4,563件のフィードバック