害虫のデータベース

Deep Learningを用いて害虫(Pest Insect)を自動認識するには、害虫のデータベースが必要である。膨大な数の害虫が生存しおり、卵、幼虫、成虫などの生育状態で様々な様態を示す。そのために、害虫の認識には対象とする害虫の種類、生育レベル、植物付着の状況や有翅かどうかなどの条件の下でデータベースを作成する必要がある。
特に、野菜に発生する害虫を自動認識し、無農薬消毒器を起動、自動散布する目的には特定の害虫の様々な様態に応じた画像のデータベース作成が重要となる。現在までこのような目的のために作成されたデータベースは見当たらない。
AI分野での研究ではIP102データベースがあるが、実際の農業消毒作業の目的には不十分である。

IP102のアブラムシ画像例

「害虫のデータベース」への11,416件のフィードバック